FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

開校展 110周年記念

毎年11月23日(勤労感謝の日)は小学校の開校展と決まっています。
今年は8年目にして(長女入学以来)日曜日が勤労感謝の日と重なり、夫は子どもの開校展デビューの日となりました(いたやの定休日は日曜日です)。
新校舎完成や、110周年記念事業と併せ、大変な人出で大盛況でした。
建築をして下さった「暮らしと建築社」さんがブログに案内予告http://www.kurashitokenchiku.com/0engine/tokyo_bbs.cgiをしてくださっています。
お陰様で広くなった廊下で、開校展記念ドラ焼きやシクラメンの販売、うどんの食堂設置などができたようです。私も役員だった年に食券の販売を外でして(しかも購入する側も長蛇の列、玄関は騒然と)とても寒かった記憶が。

親子文庫では、古本バザーとフリーマーケット、作品展示を行いました。
作品展示の一部「スウプボウル」です。色粘土で模様をつけました。みんなとってもかわいいです。
(ハルヒポタリースタジオの小池千恵先生講師)
去年、キャンドルホルダー(ホルダー完成後はみつろうキャンドルのワークショップに続く)を陶芸で親子で一つ作った時に親子喧嘩になったのでその経験を生かし、今回はそれぞれ一つずつ作成しました。
スウプボウル

来年3月のお楽しみ会ではおいしいスウプを皆で作って食べようという計画があります。
スウプが出てくる絵本もたくさん有りますよね。

去年は、私がお豆を茹でていってそれに子どもたちに味付けをしてもらって。サンドイッチパーティーをしました。豆(銀手亡とひよこ豆)のだし汁と残った野菜と自然塩でスウプにしてとても好評でした。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック