FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

槽場詰め  新酒の季節へ

しぼりたて新酒の季節です。大信州の「槽場詰め」。11月21日に搾りたてほやほやの純米吟醸生原酒です。
「槽場(ふなば)」とは醪から生酒を搾る場所(搾り方はお酒の造りによって分かれる)。搾られてお酒が出てくるところを「槽口」と言います。その後、滓下げ、濾過を経て生酒として出荷されます。
この「槽場詰め」は、滓下げ及び濾過などの一切の手を加えていない「無濾過生原酒」なのです。

店主が直接「槽場」に出向いて汲んできたお酒です・・・と言いたいところですが、今年は長野は豊野の蔵元まで出向く事ができずお酒を送っていただきました。
槽場詰め
薄にごりで若干の炭酸ガスを含みます。熟れたりんごの香りで飲むととっても辛いですが、味もしっかりしているので辛さばかりが目立ちません。原酒なので一瞬甘ささえ感じるかも。
(この槽場詰めのヴィンテージがまた美味しいんだ・・・売らずに取っておきます・・売れないんじゃありません、本当です)

試飲「試飲できます」の札。
日本酒に関しては全て試飲(夫が)してから販売しております。
お客様にも試飲して頂けます。もちろんお車を運転のお客様はダメです!!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

通ごのみな感じですね~

給料が出たら、さぐりに行きたいと思います。
いつもながらよろしくお願いします。

たっちぃ | URL | 2008年11月25日(Tue)10:46 [EDIT]


きっとたっちぃさん好みのお酒ですから。お楽しみに!

まめみき | URL | 2008年11月25日(Tue)11:18 [EDIT]


 

トラックバック