FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

おいしいよ!山麓豚!

記念すべき11月12日は昼間から「豚肉三昧の日」になりました。
豚肉
見て、この肉汁!
野菜メインの普段の食卓。お肉をメインにしたお料理、というのは殆ど作らないので、お肉3か月分くらい食べました。(←誇張してます)いやぁ、ごちそうさまでした!
豚肉
「フライパンで作る焼き豚」と「ポークソテー」
豚肉
〆のうどんまで豪快に入る「蒸し鍋」
鍋
こちらはすべて、浜このみ先生のお料理。

「山麓豚」の生産者さんも見えていました。上伊那では(?)2か所で豚を飼われているのみ(?)とのことでした。産まれたばかりの小さなころは病気に気をつけ、その後はタンパク質などは抑え気味にして、一気に大きくさせることは避けるのだそうです。
餌はミネラルに気をつける。よもぎや海藻末、木作液など。それによってけもの臭が抑えられるのだとか。
とてもジューシーで、脂肪部分も嫌な感じがしなくてとても柔らかくて本当においしかったです。
生産者さんや販売者さんのお話が聞けてよかったです。
そして生活者である私たち消費者も含めて、誰が欠けても成立しないのが地産地消。
というシーンの一部分を切り取ってすっぱりと示して下さったのが「週刊いな」の編集者さん。

しかも、生産者のお一人のKさんはなんと、宮田村大久保1班で、山麓豚を育てているということで驚きました。私は、36災害の際に四徳から出てきた集落5班の出身なので。

私は鍋コンテストの出場者でした。

一時期はしっかりマクロビオティックをして、「こうじゃないとダメ、」って思ってた時があった。
だけど、会場にいても私は全く違和感なくてとても楽しかった。感心したりなるほどと思ったり、おいしーって思ったり。そう感じる自分がまたうれしかった。

私の鍋料理はすっごい簡単で恥ずかしいくらい。使った調味料は自然塩と酒だけ。お肉のおいしさに助けられて美味しい鍋ができた。
「調味料が厳選されているためかとてもしっかりした味が出ている」と講評いただき、わかってもらえるってうれしいことなんだなと、改めて。やっぱり浜先生はすごい。

この日の様子は11月26日創刊の「週刊いな」にて!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おいしそうですね~。

こんなお肉料理、食べたいっすぅ~。

たっちぃ | URL | 2009年11月14日(Sat)21:33 [EDIT]


たっちぃさん、おいしかったですよ~。
お肉はベルで売ってますよ。

まめみき | URL | 2009年11月16日(Mon)11:48 [EDIT]


 

トラックバック