FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

新酒と粕はいつ?

今年は、早い時期から
「新酒はまだ?」
「粕はまだ?」
とお客様から聞かれます。

寒いからでしょうか。
(今年は例年に比べて寒いの・・・?)
粕は「ためしてガッテン」で特集したそうです。そのため粕へのラブコールが多いのでしょう。

現在、いたやにある搾りたては、
新酒
・真澄あらばしり(720ml/300ml)[諏訪]
・大信州純米吟醸ふな場詰め(720ml)[豊野]
・大信州番外品別囲い純米吟醸(720ml)
です。
真澄のあらばしりは、いまあるのは本醸造タイプで、純米吟醸は新年に入っての
入荷となります。

小さな蔵元は酒造りに入ってまだ間もなく、
まずは夜明け前のにごり酒が今週中に入荷予定です。
搾ったまんまのにごりは早めの出荷が可能なのでしょう。

信濃錦も夜明け前も12月の中旬以降に、新酒が入ってくる模様。
楽しみです。

したがって、副産物である粕も12月中下旬の入荷となります。

寺田本家http://www.teradahonke.co.jp/の発芽玄米酒「むすひ」の粕ならあります。
新酒
こちらもお料理やお菓子作りなどいろいろに使えます。レシピはこちら。
http://www.teradahonke.co.jp/

以下、HPより。
「むすひ」は生きたお酒で、その絞り粕である「にぎり酒」の中にも、たくさんの乳酸菌や酵母菌、こうじ菌の生命や生み出されたものが集まっています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック