FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

3号機で何が起こったか

「3号機で何が起こったか」

日本語訳が付いています。

http://www.universalsubtitles.org/ja/videos/2TnNJkefdfyZ/ja/72595/

「水素爆発が起き、その結果 燃料棒同士が接触して (小規模の)核爆発を起こした」と 説明しています。結果、なんと彼のいる東海岸バーモント州にまで アメリシウムが飛散してきているとのこと。


チェルノブイリも、イラクもアフガニスタンも、所詮人ごとだったんだと思う。
私は、広く緩やかにかかわりながら、やっぱり他人ごとだったのだ。
世界には大変な国があるんだな、と。関心あると言いつつも遠い国の出来事だった。
高木仁三郎さんはじめ、核の平和利用に反対し続けてきた方々が遺した著書の
通りになっていることに驚き、とまどう。
20年も前の著書が全く古くなくて、旬であることにびっくりする。
これで「自分ごと」になった。
チェルノブイリもスリーマイルも全く生かされていない。
同じことが繰り返されている。
そうか、隠し方は生かされたのか。
しかし、当時と比べたら、入ってくる情報のツールは圧倒的に多いので、
同じようなわけにはいかないわけだが。
(情報統制もあるみたいだけど)

と、あきれてみる。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック