FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

テレビ来る(きたる)

いっとき、テレビが言っていることが本当に嘘っぱちに聞こえて(そうかもしれないけれど)、
電磁波の事も原発の事も言わない、NHKはいったいなんだ、大事なことは何にも言わないじゃないか、って。
日本人がしゃべってるのに、テロップが出て面白おかしくしているのも気に入らない!
ええーいやめちまえ!ってな具合に、やめちまったのでした。

ヘネシーさんのお話に3日間触れて、
私が「くださらない」と思って排除してきたものってなんだったんだろう、と思ったのでした。
それはきっとテレビだけじゃない、
あのこともこのことも、子どもたちが有無を言えない状態で排除したんだ、きっと。

テレビがなければどんなに家族の会話に費やせ、本を読めて、有効に使えるかと思ったのに、
特に長女との間には、言い方を変えればテレビの話題さえもなくなっていたのでした。
夕ご飯以外は、それぞれ別の事をしている状態になっていました。
子どもたちはおばあちゃんの部屋へ行って観ているのですが、
気がつけば、子どもたちが観ている・夢中になっている・笑っている・笑い転げている
番組すら知りませんでした。

私がくだらないと思ってきたもの、
それを観て笑ったり、いちゃもんつけたり、かっこいいねって言ってみたり、
(友和さんは相変わらずかっこいい、あの人は百恵さんと離婚しないだけで100点満点なのであり)
今だからこそ、そんなことを家族としてみたい、取り返せるなら、
そう切に思い、

また
「有無を言わせず、夫にテレビを買わせて、設置させた」のでした!

子どもたちもきっと、何だか知らないけどまたお母さん勝手に盛り上がっちゃって、とか思っていることでしょう・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック