FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

女3人珍道中

大学のオープンキャンパスに行く高2の長女のお供、ということで、31.1日(1泊2日)に京都に行ってきました。
大義名分です。
お盆前の夏真っ盛りに夏休みを取るなんて、私が嫁いだ以来ではないでしょうか。
もう一度書きますが、大義名分です。

マカロニマカロニを使って、アクセサリーを作るワークショップ。

マカロニ次女も作らせてもらいました。

私たちの時は、行きたい学校をあらかじめ見てみる、なんてこともなかったし、AОとかコミュニケーション入試とか、大学に入る方法がたくさんあって、誰にでも門戸は開かれている感じがして(そうばっかりではないだろうけれど)、今の若い人たちはいいなぁ、とおばさんとしては思ってしまう。
大学の先生お二人とも4者懇談(次女も入れて)ができた。
私はかねてから(住んだこともないのに)、大学が多くこじんまりしている京都は、学生が暮らし繋がりやすい場所ではないかと思っていた。
そして、神社仏閣が多く歴史のある町は、それだけでも勉強しようと思えばいくらでも勉強ができると思っていたら、案の定
先生ったら、私が思っている通りの事を仰る。

オープンキャンパスが終わったころから、どしゃぶり。
雨宿りをしていたら、野草をたくさん積んできた70歳代のご婦人が、ご一緒の方と
若杉友子(綾部の若杉のばあちゃん)さんの料理教室に何度か通い、野草を食べるようになった、
という話しをされていたので「世間は狭い」と感じる。

小雨になったころから、左京区の「シサムコウボウ」に行きたくて、どんどん歩く。
ガケ書房
ガケ書房。
リトルプレスや、古本、小物、CD、いっぱい。
おもしろくていつまでも居たいと思う。

そうとう歩いて、シサムコウボウに着く。
大学から歩いてきたと言ったら驚かれる。
時間オーバーでその日の催し、オフィスガレージの「チャリティフリマ」は終了していて残念。

ファラフェル・ガーデンで夕ご飯。
http://www.falafelgarden.com/
ファラフェルはひよこ豆の揚げ物(みたいな)。
私は「ファラフェル」と「ババガヌッシュ」のセットを。
こういう食べ物は、豆料理クラブの「ハーブスパイスコース」で知った。
イスラエルは「フムス」って言うし、パレスチナは「ホンモス」って言うし、「ハモス」という発音もある
ことも知った。

このあと、タクシーで、豆料理クラブの「楽天堂」さんへ向かう。
http://www.rakutendo.com/index/profile.html

砂山商店
楽天堂さんに、楽しみにしていた砂山商店さんに連れて行ってもらう。
砂山商店さんは夜から開いてる夜の店。

ここで私、大変なことになる。

とりあえず、ここで区切ります。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック