FC2ブログ
 

まめまめ伊那谷日記

給食の検収表について

私たちは、情報開示請求という手続きをとった上で、「検収表」のコピーをいただいて、給食食材にどこの産地の食材が使われているかを調査しました。コピー代が、3か月分の5校分で2430円でした。
地産地消とはいいながら、地元の物は3割~4割くらいでしょうか。
4月は、出荷制限が解除になったばかりの野菜なども。
北関東産の野菜は普通に給食食材に使われています。

市と話し合いを進めてきて、小さな収穫は、給食食材について事後ですが、情報を公開していただけることになったことです。
つまり、わざわざ市役所に行ってコピー代を払って検収表を取り寄せなくても、学校にお願いすれば検収表を見せてくださることになりました。
(私たちが求めたのは、給食室前の掲示や、HPでの閲覧でしたが)

検収表が誰でも閲覧できるようになった、ということは、これをなるべく多くの保護者の方に利用していただきたいと思います。その旨が書かれたお便りが、夏休み明けに各学校より出たかと思います。

しかし、友人が閲覧しようとしたところ、閲覧の約束をするだけで、家庭→教頭→栄養士→教頭→家庭と時間がかかったそうです。う~ん、ちょっと手間ですが、多くの方が閲覧を望めば、給食室前の開示などもしかしたらしていただけるかもしれません。よろしくお願いします。

詳しくはこちらのブログ「子どもたちを放射能から守る伊那谷ネットワーク」
http://kodomoinadani.blogspot.com/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こちらでは

はじめまして。
以前から時々覗かせていただいていました。
高遠小学校の献立表などでは、検収表については全く触れておらず、地元農家の会の紹介が載っていました。
伊那市のHPにもまだ載っていないようですね。
地元の物が3割くらいとは驚きです。
海産物や冬野菜が心配ですね。
高遠では伊那よりも地産地消に力を入れているような気はしますが・・・
問い合わせをした方がいいかもしれませんね。
給食の牛乳については会社に問い合わせ、群馬産、山梨産を使っているとのことから、4月以降は止めてもらっています。
今日放射線物質に係わる管理運営についてのプリントが来たのは、皆様のご尽力のお陰でしょうか。
周りには危機感を持っている人がほとんどいないようなので、大変参考になる情報、活動をありがとうございます。

saki | URL | 2011年08月25日(Thu)17:22 [EDIT]


sakiさん、コメントありがとうございます。
少し前に高遠のメンバーが検収表を取り寄せています(学校に言えば閲覧できる(ハズ)ようになる前)。
高遠メンバーと繋がっていただければ、今までのは閲覧できます。確かに高遠は地元産が充実しているようです。

まめみき | URL | 2011年08月26日(Fri)00:32 [EDIT]


ありがとうございます

伊那谷ネットワークにもそのうち参加できればと思うのですが、今は手一杯なので、できる範囲のことから手を付けていこうと思います。
今後もよろしくお願いいたします。
高遠の給食の野菜は、ご近所のおばあちゃんも作ってくださっています。
畑もお人柄もとても素敵な方です。
このような繋がりがとてもありがたいです。

saki | URL | 2011年08月26日(Fri)08:19 [EDIT]


地元産3割くらい→3~4割に訂正しました。学校によっても違いますし。宮田村は「学校給食を育てる会」という生産者中心の組織があり、地元産が5割くらいとのことでした。
検収表については、学校教育課から学校長あてに「閲覧できる体制を」と通知を出したとのことでした。学校によって対応が違うのでしょうか。
ネットワークは「何かしなければいけない的なもの」ではなく、何の活動もしなくて良いんですよ。お気軽のどうぞ。でも、それぞれがやりたいと思うことをするのが一番ですよね。
ブログにもなるべく情報を載せたいとは思いますが、抜けてしまうかもですが、今後もよろしくお願いいたします。

まめみき | URL | 2011年08月26日(Fri)15:39 [EDIT]


 

トラックバック